Norweg ian design in daily life ノルウェーデザインが息づく日々

2016年07月14日

環境にやさしく、機能的で、美しいデザイン性が魅力のノルウェープロダクト。どれもハイクオリティでしっくりと生活になじむものばかりです。

Photo_Shin Kimura [HERITIER]
Special thanks_AWABEES

 

■NORWEGIAN ICONS

ミッドセンチュリー期にノルウェーの象徴的存在だった家具や雑貨を復刻、販売し、世界に発信しているのがノルウェージャン アイコンズ。最近では若手デザイナーの発掘にも前向きに取り組んでいます。洗練された審美眼で選び抜かれたアイテムは、どれも魅力的です。
 

・Mandal veveri

icons-02
ブーナッドというノルウェーの民族衣装を作っている老舗メーカーが制作。伝統的な美しい色柄のブランケットは、家やドライブ中のリラックスタイムのお供にぴったりです。
ブランケット¥42,050
 

・Permafrost

icons-01
石油の発掘現場や海運業、小島などノルウェーの風土を表現した木のおもちゃ。洗練度と安全性が高いので、プレゼントにもぴったりです。
セット¥19,620、ヘリコプター¥3,140
 

・Skaugum

woodentoysbypermafrostoffshoreparts
ゲイロ社のスカウグムは、1950年代にノルウェー王室から認定を受けた由緒正しいカトラリーブランド。持ち手には環境に配慮したキボニーを使用しています。
カトラリー各¥5,240
 

■TOM WOOD

03
ミニマルデザインの中に、ほんのりエッジを効かせたアイテムが話題のトム ウッド。特にアクセサリーは、クールなルックスで男女問わず使えるのが魅力です。日本には2015年春に上陸したばかり。人気セレクトショップのロンハーマンやトゥモローランドなどでチェックしてみてください。
 

■BLAFRE

04
ビビッドな色使いとポップな動植物のモチーフで、子供から大人まで愛されているのが雑貨ブランドのブラフレ。デザイナーのイングリ・エロイ・ファーゲルヴィークは、政府から企業家としての活躍が認められ、アワードを受賞するなど社会からも注目されています。
 

■KUBBE

05
絵本作家オーシル・カンスタ・ヨンセンによる『KUBBE(キュッパ)』シリーズの主人公が丸太の男の子のキュッパ。2015年の7月から10月にかけて東京都美術館で開催された展覧会でも話題になりました。不思議カワイイキャラのグッズがそばにあったら、おもわずなごんでしまうこと間違いなし。
 

■LK Hjelle/Sol

06
ノルウェー屈指の家具メーカー、エルコヤラ社のソルは二人掛けもできるスツール。製造はすべて職人によるハンドクラフトです。これまで数多くのデザイン賞を受賞している実力派で、そのシンプルでユニークな佇まいは、リビングルームなどで存在感を発揮してくれるでしょう。
 

■Sakamoto house / balans Easy

07
ノルウェー生まれのバランスチェア。座るだけで自然と姿勢がよくなり、集中力がアップしたり腰痛が軽減されるなどいいことづくしです。機能面が重視されたルックスですが、部屋にあると素敵なインパクトにもなります。
 

■Fjords

08
フィヨルドが産声を上げたのは、ノルウェーの西岸の小さな街にある3人兄弟が構えた工房。身をゆだねるとやさしく包み込まれ、座るいう日常がワンランク上がるデザインチェアです。フィヨルドという名にふさわしい、崇高で美しい椅子をお試しあれ。
 

■Troll

09
トロールは大地の妖精。丁寧な物作りで定評の高いニイフォーム社が手がける人形は、精巧でとてもリアル。クリスマスイブにドアの外におかゆの入ったお皿を置いておくと、トロールが幸せを運んでくるという伝説があります。映画『アナと雪の女王』にも登場しました。
 

■Stokke

10
2006年に家具メーカーからベビー用品ブランドへと生まれ変わったストッケ。アイコニックアイテムといえばトリップ トラップです。座板と足のせ板を調節すれば新生児から大人まで使える賢いデザインで、世界中の人に愛されています。色違いで揃えたくなりますね。
 

■Stressless

11
いまや世界50カ国以上、800万台を超える出荷数を誇るストレスレス。人気の理由は高級感が漂うデザイン性と、人間工学に基づいた快適な座り心地にあります。ゆらぎを取り入れた新しいくつろぎ方を提案する新商品「ストレスレスビュー」に注目してみてください。
 

■SWIMS

12
デザイナーはパリやN.Y.でデザインを学んだヨハン・リングダール。オーバーシューズやレインコートなど、雨の日用のアイテムが充実しています。エンポリオ・アルマーニ、ジョンロブといったトップブランドとのコラボレーションも話題になりました。
 

■Roros Tweed

13
ロロスはノルウェー中部にある世界遺産の村。真冬になると氷点下40℃にもなる極寒の地で、無農薬の牧草を食べて育つ羊の新毛を厳選するので、肌触りのよさと暖かさはお墨付きです。北欧のトップアーティストとのコラボレーションも盛んなので、おしゃれ感も抜群です。