Volume02.2015 Number.09

NORWAYの夏、HELLY HANSENの夏。[株式会社ゴールドウィン]

HELLY HANSENの春夏コレクション「WONDERFUL WATERFUL」は、その名のとおり「水」をコンセプトに掲げたシーズンアイテムを揃える。
普段づかいもよし、プロユースのギアとして活用するもよし、用途の異なる幅広い商品ラインナップとなっている。
防水衣料からブランドの歴史を築いてきたHELLY HANSENらしく、海や川など水辺に寄り添った日常を提案する。

世界を代表するアウトドアブランドHELLYHANSEN。創設者のヘリー・J・ハンセンは、ノルウェーから世界中にさまざまな商品を運ぶ商船隊の船長だった。海に生きる自身の経験から、厳しい自然環境に耐えうるオイルスキンを開発・販売したことを契機にブランドを立ち上げた。1877年のことだ。
海にルーツを持つHELLYHANSENは、ヨットレースに参加するセイラーや漁師など、実用的な防水衣料を必要とする人々から圧倒的な信頼を誇っている。さらには海から山、山から街へと、どんな天候下の場所でも快適に過ごせる多彩なプロダクトを生み出し続け、現在ではアウトドアブランドとしての地位だけでなく、マリンテイストを求めてカジュアルユースとしての使い方を好む人も増えてきた。現在発表されている春夏コレクションには、大人から子どもまで幅広い年代に向けた商品がラインナップされている。

ノルウェーの子どもたちが一番好きな季節は「夏」。日本と異なり梅雨がなく、湿気とは無縁の環境であるのに加え、6〜8月の夏休み期間中は学校の宿題や行事がないそうだ。家族とともに自然の中で時間を過ごす──そんなにも充実した季節を嫌う子どもはいないだろう。
夏が近づくにつれて日の時間が長くなり、場所によっては1日中“真夜中の太陽”が出る。北極圏近くのトロムソでは、5月中旬から7月中旬の2カ月間、昼間だけの日が続くというから驚きだ。夏至にあたる6月23日には、大人も子どもも焚き火を囲みながら星空を眺め、夜遅くまで過ごすのが習慣となっている。
海だけでなく、川や湖など自然の水が澄んでいる国に生まれ育った子どもたちは水遊びが大好き。海で泳いだりボートを出したり、長いバケーションの間生活するヒュッテ(休暇小屋)を利用するなど、それぞれの家族がそれぞれの楽しみ方を知っている。
これから本格的に夏を迎える日本。週末やまとまった休みをとって、家族でアウトドアに出かける機会も多いと思う。そんなかけがえのない時間を、海に見守られ海とともに育ってきたブランド、HELLYHANSENのアイテムと過ごしてほしい。

<お問い合わせ>
株式会社ゴールドウイン
03-3481-7266
http://www.goldwin.co.jp/hellyhansen/