「東京の音」プロジェクト第3弾!テリエ・イースングセット、夏の奥多摩公演

2018年07月03日

ノルウェーを代表するパーカッショニスト、テリエ・イースングセットが主宰する「東京の音」プロジェクト。石や木、湧水を凍らせてつくった氷まで、東京で見つけたさまざまな素材を楽器に加工して演奏するユニークなプロジェクトです。

 

2018年2月、5月の来日に続いて、夏の盛り8月に東京・奥多摩の古民家で演奏会を開くことが決定しました。

 

テリエ_photo Siv Dolmen

photo: Siv Dolmen

 

2月の来日時は、奥多摩の湧水を凍らせて作った《氷の楽器》によるコンサートが開かれました。氷の楽器を演奏するアイス・ミュージックに関しては、ノーベル賞授賞式で演奏するほどの第一人者として知られています。

 

Aprico_02_2

Aprico_02_1

 

■Terje Isungset テリエ・イースングセット

1964 年、ノルウェー・ベルゲン出身。世界で活躍し続けるパーカッショニスト。最先端ジャズの名手として、ソロ演奏やさまざまなジャズアーティストと共演を行なっている。1980年代より、木・石・金属などの自然素材をそのままの形で演奏。詩的で簡潔な音作りはとてもユニークで、特に氷に関してはすべての楽器を手作りして演奏するアイス・ミュージックプレイヤーとして高く評価されている。

 

 

今回の会場となるのは東京・奥多摩の「福島家住宅」です。江戸中期に建てられた重厚な建物で、東京都指定有形文化財になっています。

 

テリエ_福島邸00

 

テリエ_福島邸01

 

石、木、竹など、奥多摩の自然素材から製作した楽器を使って、寛政初年(1790年)ごろに創建された名主の家で演奏する試みになります。

 

自然、人、そして伝統が紡ぎ出す《東京の音》。9月に予定されている秋公演、さらに2年後に迫った2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて、《東京の音》を探す旅に注目です。

 

 

テリエ・イースングセット「東京の音」プロジェクト 第3弾公演

 

日時:2018年8月25日(土)15:00 open 15:30 start

会場:福島家住宅(東京都指定有形文化財:東京都青梅市)

チケット:前売4,000円 当日4,500円 入場時整理番号付き

 

予約:

Real&True/Office Ohsawa

ticket@spn1.speednet.ne.jp

TEL:03 3728 5690

 

お問い合わせ:

info@bigstream.co.jp

 

 

主催:株式会社日精ピーアール

企画制作:フィッカ、Office Ohsawa

協力:Disk Union

助成:公益財団法人東京都歴史文化財団アーツカウンシル東京

後援:ノルウェー大使館

 

 

関連サイト

 

▼「東京の音」公式サイト

http://www.tokyosounds.jp